もっと自然へ、もっと人へ、健康生活とともに

健康生活
Pocket

健康生活バカ日誌13

こんにちは。ワタナベ薫です。

キレイになりたいオンナノコのサイトでコラムを書かせていただいております。

新しい記事をアップいたしました。今回は「第19回第一印象好感度アップ術」です。

バックナンバーはこちらから。

寝る前の一時間、アロマ焚いて、ハーブティ飲みながらの短い読書、

寝る前のストレッチやセルフマッサージやグランディング・・・

もう、かなりクオリティの高い時間を過ごしましたら、ホント、気持ちが良かったです。

続けられるようにがんばります(^^)
さて、本日の記事はお金のこと。

日本人に見られる多くの傾向として、お金をたくさん持つことへの

ブロックが知らず知らずのうちにインプットされていることがとても多いように見えます。
それは、金持ちと言われている人たちの割合が圧倒的に少ないわけで、

そうじゃない人たちの中にはそうした富裕層へのひがみの気持ちや、

さらには、日本人には清貧の気持ちが根付いている、というか

「足るを知る」という意味の解釈を誤解している人たちが

たくさんいることが原因の一つかもしれません。
また、聖書の国キリスト教国では「金銭に対する愛は有害な事柄の根」

とかの考えが根付いているからです。
豊かになることについて、自分のマインドにブロックを持っている人は、

お金がらみで大変なことが多かったり、なかなか金運があがりません。

関連記事「お金が増える美人のマネー習慣」
貧乏でも、もし他の人からお金持ちに見られているなら、

それを受け入れてみる、というのは一つの手。
貧乏思考の人は、周りから「うわー!それ素敵!」って褒められたとき、

ほとんどの場合、自分を落とす言い方をします。

「そんなことないのよ。これ、超安かったの」と言って、

周りは高く見てくれたのに、安物自慢をしてしまう。

貧乏思考に関してはこちら
私がいつも読ませていただいているある情報起業家の方の

以前のメルマガにこんなことが書いてありました。
彼は超貧乏だった頃、どんなにお金がなくても、

そんな風には振舞っていなかったそうです。

お金がなくても外に出るときは、一流の物を身につけていましたし、

一日一食しか食べられなくても、友達との食事は気前よくおごっていたそうです。
周りからは当然、「あいつ金持ちだよな」って見られているわけで、

数年後、本当に彼は億万長者になったんですよね。
つまり、お金を否定するとは、お金持ちに見られることを

否定することも含まれていて、「私、本当は全然お金持ちの生活なんてしていないのよ」

って言うことを言いたがる人は、言った時点で、それは言霊の力がありますから、

本当にそれが自分に成就してしまうということを認識したいもの。
経験上、よーーーーーくわかります。

貧乏自慢満載だった頃、働いても働いても貧乏でしたし、暇もないし、

毎日家計簿つけてて、お金がなくなっていくことに心を痛めていると、

どんどん赤字になっていく・・・(;∀;)そんな経験をしていました。
世界三大言い訳って以前記事にしたことがありましたが、

何かについては、こちらをご覧ください。

その三大言い訳を意地でも言わない、って決めて実行したあたりから

運気がすっごい変わってきました。お金の不安がなくなり、

お金の不安がなくなると、なぜか赤字もなくなり、

今では億万長者です(←ウソですけど!ハハ^^;)
そんな風に、言葉や思考を変えるだけで、お金のブロックがなくなり、

お金がらみでしんどい思いをすることがなくなってきたのです。
先ほどの起業家の例を考えてみれば、

「金持ちになりたければ

金持ちのように振舞え」です。

そして、周りから金持ちに見られたら、それを否定しないこと。
ついつい、「私だって大変なのよーー」って言いたくなることもおありでしょうが、

それは心許す方にだけ吐き出して、あとは是非お金が入ってくるイメージを持ちましょ。
日本一の納税者斉藤一人さんは、お金を人として扱う、って言っていました。

財布にたった一枚だけお札を入れておくと、寂しがるから、

たくさんの札を入れておくって著書に書いてありました。
また、お金を出すときには、「ありがとね」って感謝の気持ちをもって

わが子を旅に出させる気持ちで送り出す。そうしますと、

またたくさんの友達を連れて戻ってきてくれるってね。
本当のお金持ちは、本当にお金を愛しているそうです。

愛している人に対して否定なんてしませんもんね。
最後に、私がお金のブロックが外れた理由について書いて終わりにします。
忘れかけていましたが、クライアントさんに質問されて思い出しました。

「お金なんて余分には要らない」って言う人は、利己的な人なんだな、て。

つまり、自分だけ足りていてそれで満足している人なんだな、

って思ったことがあったのです。あくまでも私の主観なんですけど。
余分なお金があれば、周りの人を楽しませることができます。

また、余裕なお金があれば定期的に寄付もできます。

自分が何らかの教育を受けて、他の人にシェアもできます。

そして、自分を楽しませ豊かにしたときの先には、

他の人にもそれを与えたい、という気持ちが沸いてくるからです。

逆に貯めるのがスキで、守銭奴ですとこれまた違う結果になりそうですが。
ま、そんなこんなで、お金が欲しいと思う気持ち、

どうぞブロックなさらないでください。まず自分が満たされた後は、

今度は人にも与えたい、という気持ちが出てくるものですから。
お金は汚いもの、お金はいらない、と思ったとたん、

または口にしたとたん、本当に入ってきませんもんでね。
さて、本日は夕方から名古屋に出発です。

夜遅くに付き、名古屋セミナーが終わったらすぐに東京移動で、

今回は名古屋全くどこにもいけなくて悲しいのですが、

ご参加者様のみなさんにお会いできることを楽しみにしております。
そして、いつもモモのことを気遣っていただきまして、ありがとうございました。

まだ走ったりはさせてはいませんが、多少もつれながらも歩いております(^^)

経過良好です。きっと走れるようになると思います。本当にありがとうございます。

一日一本の健康生活。
おいしいプレミアム豆乳です^^

健康生活 つくるって、ワクワク

強い動機も、強い信念もないままの健康生活続行 もし、あるとすれば、「年頭に決めたから」「12月31日を笑ってむかえたい」ということでしょうか・・・  リバウンド王には、中学からのリバウンド歴史があります今回も、いつもと同様に停滞からのリバウンドの波に押し流されるところでした そもそも、停滞期とはいっても長いスパンで考えれば、減っているのです一度85キロまで減ったものだから、なんだかすごくリバウンドした気持ちになっただけで、87キロだとしても、9キロ減っていますまず、ここを認める そして、厳密に振り返る「厳密に」が大事 毎日の食事、体重その他の記録はできているしかし、実は記録しただけになっていて書いて認知するためにやっているのに、認知になっていないただ、書いてるだけなのに、 やった気になっていた 人間には本能で、意識的な努力をできるだけしないですむようにするという最小努力の法則っていうのがあるらしい だから、1月や2月にできていたことが知らず知らず、やったつもりになっていて健康痩せる生活習慣から怠惰太る生活習慣に戻りつつあった そういう視点で改めてみてみると、5月の私・・・ 食べてるーー 食べてたーー 動いてねーわーー お菓子祭りやってるぅぅぅ 夜更かし、睡眠不足・・・(毎日2時くらいだった) ・水分をあまりとっていない・忙しいと言って、シャワーですませ湯船につかってない・ホルモンの野郎には、あいかわらず翻弄されてますが、これは仕方なし(サプリメントなどで、対応する) などなど、いろいろ見えてきました!! 痩せる健康生活を送っていたとはいえまだまだ習慣にはなっていない習慣になるまでは意識的にやるそういえば、最初の頃は体重に一喜一憂しなかったのに痩せ始めたら、数字ばかり見るようになってしまいましたあくまでも、痩せる生活を習慣化させること結果はおのずとついてくるでしょう  ということで、モチベーションをあげるのでなく、むしろ、モチベーションがないまま続けます!! ・毎日の、食事・運動・出来事、感情記録・再び、1日1万歩の散歩を意識する・早めに寝る・水分をとる(腸内環境をよくする)・湯船に毎日つかる・食べる以外の楽しみをする・瞑想(これ、続いてるんですわーいひひ) 以上、何一つ目新しい内容ないです地味ですわーーーでも、けっこうリバウンド王的には、今回画期的なんです(笑)くじけなかったことを褒めます(笑)フェイドアウトしなかったことも(笑) 今回、リバウンド王は右往左往、試行錯誤、間違ってるかも?などなどしながら、やっております遠回りなのかもしれませんが、自分なりの方法をみつけながらと思っています無理をしたり、簡単に痩せても、すぐに戻ってしまうので、今回はこれでやっていきます       1/1 → 6/6体重  96キロ→87.3キロバスト 113→104 ウェスト102→93ヒップ 112→108太もも 68→63 

関連記事