健康生活への道

健康生活
Pocket

健康生活ランキング通販

アメリカや欧州では、
化学物質への法の規制を強化し、アメリカ国立ガンセンターでは「フィト・ニュートリエント」が21世紀の健康生活及びガンを予防する基本であると発表しています。

「フィト・ニュートリエント」とは「植物・栄養素」です。

つまり、天然ハーブやオーガニック食品に含まれる天然の栄養が健康の基本になると言うことです。

日本は諸外国に比べ、オーガニック食品市場が非常に小さいです。

去年行ったイギリスでは至るところでオーガニック市場があり平日も週末も大変な賑わいでした。

アメリカは言わずもがなで、ここシンガポールで手に入るオーガニック食品の大半はアメリカ、オーストラリア、イギリスのものです。

世界のオーガニック市場の割合は、アメリカとドイツが過半数を占めています。

それに比べて、日本はまだまだオーガニック後進国です。

それどころか、恐ろしいことに日本は先進国の中でも非常に多くの食品添加物が許容されています。

先進国で許可されている食品添加物の数は下記の通りです。
アメリカ 133品目   ドイツ      64品目  フランス    32品目  イギリス    21品目日本     1500品目以上

日本は断トツで世界一の食品添加物許可数です。

日本では各国がリスクが高いとして使用禁止になっている添加物を平気で容認しています。
BHA・BHTなどの酸化防止剤や着色料などはその代表といえます。

東京オリンピックで問題になっているのは、諸外国の方が食べてはいけない食品添加物があり、食べものを提供できないということです。

ある欧州の旅行パンフレットには「日本へ旅行する方へ、日本は農薬や禁止食品添加物が極めて多いので、加工食品を食べると健康を害する恐れがあります」と記載しています。

コンビニ食品やファーストフードの怖さはこの様な添加物が満載で、人体で消化吸収できずに、体内に毒として蓄積して汚肌や将来のボケや痴呆、あらゆる病気の要因となることです。

13歳の時に近所にコンビニが出来て、当時はコンビニフードが大好きでしたが、今ではコンビニで買うものは水くらいです。

コンビニ愛用当時は、添加物満載の食品のせいで、小鼻の黒ずみ、腕や太ももの裏側のざらつき、肩こりなどが普通にありました。

コンビニ食を辞めて、食事を正したら、全部自然に治りました。

オーガニックのハーブや自然な旬の農作物を食べることの素晴らしさと大切さを健康を通じて感じています。
🌼オーガニック美肌ハーブ販売中🌼美白・美肌・活性化・快便の元の
オーガニックハーブの粉です。
若干在庫がありますので引き続きご予約受付中です。発送は8/22を予定しています。

【お問い合わせメール】tomocony 🌸 iCloud.comtomocony 🌸 hotmail.comtomocony3🌸yahoo.co.jp(🌸を@に変えます)
ヤフーメールの場合は同じヤフーメールかiCloudの方がきちんと届きます

今日のランチはオーガニックの野菜たっぷり豆バーグ付き玄米サラダと大好きなターメリックラテ😍

朝は時間が無かったので黒ガリンガルのみランチの後は解毒・美肌・美女ハーブをミネラル液入りの水素水と✨ 栄養たっぷり✨二の腕だけスリムになったと友人から指摘されました❣️

ほぼ日刊健康生活新聞

 平成30年3月22日のNHK NEWS WEBでは、以下のように記載されていました。
 高齢化が進む中、正しい食生活や運動習慣など健康的な生活に必要な知識を身につけて日々の暮らしや仕事に生かしてもらおうという検定試験が行われました。
 この検定試験は一般社団法人、日本健康生活推進協会が介護の必要がなく健康的に生活できる期間を示す「健康寿命」を延ばしてもらおうと去年から始めていて、4回目となる今回は、前回のおよそ2倍の1万人余りから申し込みがありました。
 18日は全国27都道府県の30の会場で試験が行われ、このうち、東京・杉並区の会場ではおよそ1800人が受験しました。
 試験はベーシックとエキスパートの2つのコースで行われ、「血管年齢」や、年齢とともに骨や筋肉などが衰えて日常生活に支障が出る状態を意味する「ロコモティブシンドローム」など健康に関する言葉の意味や、食べ過ぎを防ぐ対策や効果的な運動方法などの正しい生活習慣について出題されました。
 厚生労働省の推計では、おととしの健康寿命は女性が74.79歳、男性が72.14歳と前回調査より延びたものの、介護などが必要な期間を示す平均寿命と健康寿命との差は女性が12.35年、男性が8.84年あるということです。
 日本健康生活推進協会の大谷泰夫理事長は「平均寿命と健康寿命との差はまだまだ大きい。検定試験を通じて正しい知識を身につけ長く生き生きとした生活をおくってほしい」と話していました。  病気の90%は活性酸素が関与
 前回に記事で、以下のように述べました。
 現在では人が罹るあらゆる病気の90%は活性酸素が関与していると言われ、感染症以外の、ほとんどの現代病である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)は、活性酸素が原因と考えられています。
 ミトコンドリアがエネルギーを産生する際に必然的に生み出されるのが活性酸素です。ということは、ミトコンドリアが関与しているということです。
 すなわち、「後天性ミトコンドリア病」と考えるべきです。
 「後天性ミトコンドリア病」とは、馴染みのない病名ですが、これは”ミトコンドリアの機能が低下する病気”です。
 このように、ほとんどの現代病である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)は、「後天性ミトコンドリア病」と考えられております。
未病とは
 私達は、仕事が忙しかったり、ストレスが重なりますと日常的に「体調不良」を感じます。このような「体調不良」は、具体的には、疲れやすい、胃腸の調子がよくない、身体が冷える、身体がだるい、疲れがとれない、よくめまいを起こす、肩こりが酷い、食欲がない、よく眠れない、頭が重い・頭が痛い、足がつる、耳鳴りがする、夢をよくみる、喉のつかえ、むくみやすい、風邪をひきやすい、顔色が悪い、気分が落ち込む・優れない、活力がでない、元気がでない、何となく調子が悪い、寝起きが悪い、等々の訴えです。
 このように頭痛とは、「体調不良」のなかの訴えの一つに過ぎないものです。
 「体調不良」とは、病気とは診断されませんが、健康でもない。いわば、“半健康・半病気”の状態に身体はあるのです。半健康・半病気の状態を、東洋医学では病気になる一歩手前だとして、「未病(みびょう)」と言っています。
 絶対的な健康ではなく、私たちの身体のバランスがどこか歪んでいるのです。
 これは「ホメオスターシスの乱れ(自然治癒力の低下)」を意味しています。
 このような”未病”とされる病態は、本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから「病気」へと進展するものと東洋医学では考えられています。
 このように考えれば、”未病”の段階にある、このような「体調不良」の訴えとは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があるということです。
 「健康的な生活を送る」ためには、ミトコンドリア・腸内環境・生理活性物質が重要な”鍵”となり、生命の根源ともなるべき役割を果たしています。
 このなかでもミトコンドリアはその”要(かなめ)”となっています。
 ミトコンドリアの機能が低下すれば、「後天性ミトコンドリア病」である、ほとんどの現代病である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)を発症してくることになります。
 慢性頭痛も、これらの現代病と同様の経過を示し、終着駅である「後天性ミトコンドリア病」の発症過程の途中の段階で出現する、単なる「ホメオスターシスの乱れ(自然治癒力の低下)」を示す「症状」に過ぎないものです。
 「国際頭痛分類 第3版β版」でも、片頭痛、緊張型頭痛も厳密に「症状」だけで定義されていることを忘れてはなりません。
 ということは、緊張型頭痛も片頭痛も、”未病の段階”にあるもので、「後天性ミトコンドリア病」である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)、に至って初めて「病気」と考えなくてはなりません
 このように、現代病である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)、さらに慢性頭痛とくに片頭痛を予防するためには、体調不良を訴えた段階から「健康的な生活」を送るための正しい知識が必要とされます。
 ですから、今回のような“「健康的な生活」に必要な知識は、介護の必要がなく健康的に生活できることを目指すことも大切ですが、現代病である生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)、さらに慢性頭痛とくに片頭痛を予防するためのものでなくてはなりません。
 ということは、もっと早い時期、すなわち「体調不良」を訴える”未病”の段階から、このような「健康教育」を行っていく必要があります。
 ところが頭痛の専門家達は、片頭痛患者さんの”生活の質QOLを向上させ、健康寿命を長くさせましようと、”トリプタン製剤を服用が勧めるだけ”で、「健康的な生活を送る」ための具体的な指導を行うことはありません。
 これでは、片頭痛そのものを予防することはできず、これでは、”トリプタン製剤の販売促進活動にしかなっていないことになります。
 ですから、私達は、体調不良を感じた段階から、「健康的な生活」とは何かを、常に模索しつつ片頭痛を予防し、生活習慣病(動脈硬化、ガン、認知症を含めて)、を予防していく必要があります。
 このように、”慢性頭痛とは何か”といった「命題」に答えられない専門家達にとっては、このような考えには到底至り得ないことになっています。 このため、前回述べたように「片頭痛は摩訶不思議な全身の疾患」ということにしかならないことになっています。  そうなれば
専門家とは、一体、何なのでしょうか? 

関連記事
  • 健康生活 シンプルをあなたに

    健康生活大応援サイト♪みなさんこんにちは。台風、、、、凄かったですね。風の音が凄くて、眠れず起きてました。おおのです。何だか「平成最後の夏」は、予想外な事ばかり ...

    2018/10/11

    健康生活

  • 第壱話 健康生活、襲来

    健康生活で差をつけろ夏は旅行もそうだけど、地元でもあちこち出歩いています♪去年は私が出張三昧、そして終わったと同時に出産&産後・・・なので今年の夏休み、ゆっくり ...

    2018/10/11

    健康生活