酒と泪と男と心の健康

心の健康
Pocket

世界の中心で愛を叫んだ心の健康

病院通いを減らしたい家族のための自然療法&アロマテラピースクールファミリーアロマ 野田彩加です  3月から5月のいろんな楽しいアロマレッスンは、こちらからご覧下さい→ ★   私は、現代医療をとてもありがたいものだと思っています  本当に素晴らしいものですし、間違いなくそれを必要とされていらっしゃる方々もいらっしゃいます   実際、私も長いあいだ、現代医療にだけ頼ってきました   しかし、今では、毎日使える自然の力を活かした選択肢も持つようになり、医療にお世話になる機会がほとんどなくなりました    選択肢が増えたことを嬉しく思いますし、ひっ迫してきている国の医療費をほとんど使わないことは、自分で手当できることなのに、病院ばかりに「通っていた」私にとっては、誇りに思えるくらいです(必要な方に何か言っているわけではありませんので、誤解しないでくださいね)  そして、最近、書店やコンビニでこのような本をよく見かけるようになりました        興味のある方々が増えてきたこともあると思います  そんな中、こんな方とのご縁をいただきました大学病院で、医療の現状を学び、その後、某航空会社にて客室乗務員の訓練担当教官として勤務 「なぜ病気が減らないのか」という疑問を持ち、ヒトを病名の観点ではなく、心身の健康から着目したいと、2つの大学で学士号と修士号をそれぞれ取得の後、 「心身健康科学研究所」にて研究者として勤務  現在は医学的な監修や、公的機関から講演依頼により、薬剤使用のリスクや心身の健康について全国で講演している  株式会社メディカルマネージメント代表取締役社長元日本航空客室乗務員訓練担当教官 人間総合科学大学心身健康科学 学士号同 大学院修了看護学 学士号心身健康アドバイザー心理カウンセラー教員資格  松崎進さんです熊本地震のときも、真っ先に支援を送ってくださいましたネパールで人々を力づけるボランティア中  モデル風の松崎さん   そんなことがありえるの?それって・・・!!!今まで、ワタシ・・・えー!!ビックリ!!知ってよかったーというお話が聞けます  上記プロフィールにもありますように、ご自身が医療に携わり、論文も書いている方、そして、医師や医学博士との交流も深く知識が深いのです さらに、お話は、「ストイックの中にお笑いもある!」と聞いています  これ以上は、書けないのですが、・それってどんなこと?・わ!興味がある・聞いてみたい   という方は、2018年4月18日(水)をあけていてくださいね  午前は、松崎さんも使われているヘルスケアにオススメのドテラ社の「きほんのアロマ」のお話を私、野田彩加がいたします 午後は、午前の話をベースに松崎氏のお話です  募集スタートは、3月14日(水)の20時です上記時間にUPするこのブログの【募集スタート】の記事より、お申し込みしていただけます  お会いできるのを楽しみにしています ◆医療従事者からみたアロマの輝く未来◆ ◆日程2018年4月18日(水)10:00 - 受付 10:30-12:00 きほんのアロマ野田彩加 13:00-14:30  医療セミナー松崎進氏 15:00-16:30 医療従事者からみたドテラの輝く未来松崎進氏 (コーディネーター 小川リヨ氏) ◆場所スターライトウエディング熊本市中央区出水7丁目95の3 ◆定員  60名(先着順) ◆参加費   5,000ー早割:3,500- (4月4日までのお振込み)ランチ+フリードリンク込午前のみ、午後のみの設定はございません ◆持ち物 筆記用具  ◆お申込み お申込みフォームを3月14日(水)20時~ブログにUPします *様々な手配や申込み人数を間違いなくするため、お手数ですがお一人ずつ申込みをお願いいたします   お申し込み後すぐ受付完了メールが自動送信されます *携帯電話アドレスからのお申し込みは、できるだけさけてください *自動送信メールが届かない場合は、メールアドレスの入力が間違っているか、受信設定解除がされていないか、迷惑フォルダに入っている可能性がありますので、ご確認ください *メールが届かない方は、aroste.japan☆gmail.comへご連絡ください(☆を@に変えてください)  ◆お知らせ*講師は全員チャリティーです。松崎さんは、東京からきていただくので、ドネーション(お気持ち)で謝意を表したいと思います(そして、またチャリティーに活用されます) *講座の性質上、お子様連れはお断りしております  ◆キャンセルポリシー*お申込みフォームのキャンセルポリシーに同意の上お申込みください  お会いできるのをとても楽しみにしています  

男の中の心の健康

若田光一さん人材育成を語る   今月6日開かれた広島県議会の予算特別委員会で宇宙飛行士の若田光一さんが人材育成をテーマに意見を述べました。  宇宙飛行士の若田光一さんは今月6日、広島県議会の予算特別委員会に参考人として招かれ、次世代を担う人材育成について意見を述べました。
  若田さんは4回宇宙に滞在し宇宙ステーションの船長も務めた経験を踏まえ、「宇宙飛行士には技術的能力は当然ながら感情をコントロールし心身の健康を維持する自己管理能力や、相手の言う事をしっかり聞き、自分の意志を明確に伝え、批判も含め建設的に行うコミュニケーション能力が求められる」と述べた上で「組織の人材育成や学校教育にも取り入れてほしい」と呼びかけました。
  また神奈川県教育委員会のスクールソーシャルワーカーの横井葉子さんも「教育と福祉の連携」をテーマに意見を述べ、横井さんは「子供は不登校や暴力行為等の形でSOSのサインを出している。背景に親の失業や障害、家庭不和などがある場合は先生の家庭訪問だけでは限界がある。学校や福祉が連携して組織的で計画的な支援を行う必要がある」と指摘しました。  
 出席した議員の1人は「それぞれの専門家からとても参考になる話を聞き今後の取組みに生かしていきたい」と話していました。 公立高校今月6日から一般入試
   広島県内の公立高校で今月6日から一般入試が始まり13000人余りの受験生達が試験に臨み、公立高校の一般入試は今月6日から2日間の日程で広島県内102の高校で始まり、初日は国語と社会と数学の試験が行われ、このうち、広島井口高校では試験が始まる1時間半前の午前8時頃から続々と受験生が集まり、そして試験会場の教室で、筆記用具や時計、受験票等を机に並べて緊張した表情で試験開始の合図を待っていました。
  広島県教育委員会によると今年の公立高校の一般入試は全日制と定時制等をあわせて志願者が13660人となり、うち実際に受験したのは13358人という事です。
  この結果、分校を除く全日制高校の平均の志願倍率は1.13倍となっています。
  公立高校の一般入試は、今月7日は理科と英語の試験が行われ、今月14日に合格発表が行われます。 廿日市女子高校生殺害 遺族らが新チラシ配布   2004年に、広島県廿日市市で起きた女子高校生殺害事件で警察は新しいチラシを配布して情報提供を呼びかけました。  この事件は2004年10月に広島県廿日市市上平良で当時高校2年生だった北口聡美さんが何者かに刃物で刺され殺害されたもので、聡美さんの父親達は広島県廿日市市内の商業施設で情報提供を求める新しいチラシを配りました。  チラシには容疑者の似顔絵のかわりに犯行時間帯に現場近くの国道を逆送したバイクの目撃情報などが掲載されています。  警察には、これ迄に5800件を超える情報が寄せられましたが未だ、犯人逮捕には至っていません。 女子ランナー健脚競う
   女性に走る楽しさを知ってもらおうと、広島県広島市で駅伝大会が開かれ、今年2回目のRCCひろしま女子駅伝には、115チーム・575人が参加し、チームは5人で編成し、コカ・コーラウエスト広島総合グランドに設けられたおよそ2kmのコースをそれぞれのランナーが走って10kmの合計タイムを競います。  参加者はお揃いのユニホームや思い思いの仮装を身につけ、レースを楽しんでいました。 小学校で閉校式 
   広島県安芸高田市甲田町の小学校で閉校式が行われ、甲立小学校の閉校式には全校児童93人の他地域住民などおよそ230人が集まり、児童代表の三橋昊生君が、浜田市長に学校旗を返納しました。   全校児童「私達の未来僕達の宝物甲田小学校へ受け継ごう」   広島県安芸高田市甲田町では他に2つの小学校が閉校し甲立小の校舎を引継ぐ形で、来月新たに甲田小学校が開校します。  広島県安芸高田市八千代町でも同じように2つの小学校が1つに統合されます。 春の訪れ告げるマンサクの花
   広島県庄原市では春の訪れを告げるマンサクの黄色い花が咲き始めています。
  広島県庄原市東城町にある「休暇村帝釈峡」の園内には、7本のマンサクの木が植えられていて黄色い花が咲き始めています。
  マンサクは、鮮やかな黄色の細長い花びらが特徴の小さく可憐な花で他の花に先駆けて「まず咲く」事から名付けられたとも言われ、春の訪れを告げる花として知られています。
  今年は、大雪が降ったり連日、氷点下の日が続き、開花は例年より1か月遅い先月中頃だったという事です。
  訪れた人達は、マンサクの黄色いか可憐花を眺めな春の訪れを感じていました。
  「休暇村帝釈峡」の田辺久幸さんは「マンサクの花はこのあたりでは一番早く咲く花です。花が咲くと寒い帝釈峡にもやっと春が来たなと思います」と話していました。
  マンサクの花は今月中頃迄楽しめるという事です。 インドアガーデン展
   寒さが厳しいこの時期でもガーデニングを楽しんでもらおうと、愛好家達が屋内に作った庭の展示会が広島県庄原市で開かれ、これは国営備北丘陵公園が、ガーデニングに興味を持ってもらおうと毎年、この時期に開いているものです。
  屋内の会場には、ガーデニングの愛好家達が作った縦横1.5mの庭が15作品展示されています。
  このうち、鮮やかな黄色の「プリムラ」や紫色の「サイネリア」等の花がバランスよく並べられた庭は、チョウや鳥の置物が花の上にとまっていて春の訪れを感じさせる作品です。
  また地面にコケを敷き詰めた日本庭園は、黄色い「スイセン」や白い「フランネルフラワー」が彩りを添えています。
  訪れた人たちは庭を眺めたりお気に入りの庭を見つけては写真を撮ったりして、色とりどりの花が咲く春の雰囲気を楽しんでいました。
  国営備北丘陵公園の佐々本真鈴さんは「庭ごとにストーリーがあるので考えながら見てもらい、一足早い春を感じてもらいたい」と話していました。
  この展示会は今月18日迄開かれています。 可部線”復活”でシンポジウム
   鉄道を地域活性化にどう生かすのかを考えるシンポジウムが広島県広島市で開かれ「終着駅サミット」と題した催しは、鉄道による地域活性化について議論する為、毎年、全国各地で開かれ今年はJR可部線の一部区間が復活して1年となる広島県広島市で初めて開かれました。
  会場の広島県広島市安佐北区の文化センターには、可部線の歴史について知ってもらおう
一度、廃止になる前に使われた駅名の看板等が展示され、シンポジウムでは広島市の松井市長や可部線の復活に向けた運動を行ってきた地元の住民団体の大畠正彦さんらが参加して、鉄道が果たすべき役割について議論しました。
  JR可部線は、復活した可部駅からあき亀山駅間の利用客数が当初の見込みを下回り沿線住民の利用をどう増やすかが課題です。
  登壇者からは、鉄道の利用促進策について、鉄道会社の枠を超えて乗り継ぎ等の利便性を高める事や、駅からのバス路線を充実させる事が重要といった意見が出されていました。 広島市東部JR線高架化事業 住民説明会
   広島市東部のJR線を高架にする事業をめぐり広島市は一旦見送っていた広島県広島市安芸区と、広島県広島市安芸区船越の踏切について、改めて高架にする見直し修正案を住民に説明しました。   広島県安芸区船越で開かれた説明会では広島市の担当者が、広島市東部のJR線『高架化事業』の見直し修正案について説明しました。
  事業は当初、広島県広島市安芸区船越も含めたJRの路線6.3kmを高架にする計画でしたが、コスト削減の為、広島県広島市安芸区船越地区の高架を見送る案が示されていました。
  しかし地元住民の強い希望で広島市が再検討し、地区内にある2つの踏切を高架にする案を今年1月に纏めました。
  説明会では、住民から一部、高架とならない部分が残る事を問題視する意見が出た一方「とにかく早く実現してほしい」という声が上がりました。  広島市道路交通局の谷山勝彦局長は「そういったご意見に耳を傾けて、今後ともしっかり実現できるよう取り組んでいきたい」と話しました。 看護フェスティバル 中電病院   健康を守る情報を地域の人達に発信し、日々の生活に役立ててもらう為のイベントが広島県広島市中区の総合病院で行われ、広島県広島市中区の中電病院で行われた『看護フェスティバル』は今年で4回目を迎え、近年、病院内で高齢者の転倒、転落による怪我が増えている為車椅子に移る時の具体的な手順等の防止策が発表されました。   また別会場では、AEDを使った救助法を学んだり栄養相談等看護師の仕事を見て、体験できるコーナーの他、今年から新たに転倒予防体操を実践するブースが設けられ、会場は大勢の来場者で賑っていました。 てつのくじら館400万人達成   実物の潜水艦を展示した広島県呉市にある「てつのくじら館」の入館者が今月3日に400万人を達成し、400万人目の入館者は広島県福山市から観光で訪れた中学2年の松原悠雅さんです。  松原さんには海上自衛隊の呉地方総監部の池太郎総監から認定証と記念品が贈られました。  「てつのくじら館」は実物の潜水艦が陸上展示された国内唯一の史料館で、2007年4月にオープンしました。  「大和ミュージアム」との相乗効果の他、本物の潜水艦が見学できる事が人気で毎年30万人以上が来館し10年11ヶ月で400万人を達成しました。 森重昭さんがASEAN研修生に被爆証言   被爆死したアメリカ兵捕虜について独自に調査してきた被爆者の森重昭さんがASEAN職員らにおよそ60人に被爆証言を行いました。  会ではマレーシアの留学生等が原爆被害に遭った話や12人の米兵捕虜と森さん調査の記録を描いたドキュメンタリー映画が上映されました。  午後からは南方特別留学生を祀る慰霊碑を訪れ献花し、核兵器廃絶の思いを新たにしていました。  今日はここまでにします。 また明日 それでは

関連記事
  • 心の健康も定番アイテム

    心の健康を見ていたら気分が悪くなってきたみなさんこんにちは昨夜は私の家からは素敵な満月が見えていました。皆様はどんな風に満月を味わっていたのでしょうか??さて。 ...

    2018/06/16

    心の健康

  • お口の恋人、心の健康

    心の健康の最新トレンドをチェック!!今日は全くプリンス&マークルとは関係がない記事となります。みなさん、投資はどうしてらっしゃいますか?心身の健康管理は、今の自 ...

    2018/06/15

    心の健康

  • 心の健康大量在庫ショップ

    心の健康のオンパレード♪きょうは体育の日・・・。国民の祝日のひとつですよ・・・・。スポーツに親しみ、健康な心身を培うことを趣旨としているんですって・・・・へぇぇ ...

    2018/06/14

    心の健康

  • 心の健康がダメな理由ワースト7

    心の健康で元気に過ごそうね♪訪れてくれてありがとうございます。あなたの体質改善とダイエットをサポートする【プリティみなこ】こと30キロ改め、50キロダイエットに ...

    2018/06/13

    心の健康