健康生活の憂鬱

健康生活
Pocket

健康生活の何が面白いのかやっとわかった

先日、お客様からこんなことを言われました。 「中山先生はいろんなことを聞いてくれるけど、病院の先生はあまり話を聞かずにお薬を処方したのですが、何か違うのですか?」 と…。 これ、実は意外と皆様が疑問に思うランキング上位の事案です まず、この質問に答える前提として、私は病院での対応がダメ、というつもりはありません。むしろ「病院だから仕方ないよな…」と同情の気持ちすらあります。なので、病院批判ではありません。 皆様にとって「漢方」といっても、実際には「日本漢方」と「中医学」という大きく2つの分野があります。使う処方は同じですが、何が違うかというと「見立て」が違うと言う事。 日本漢方は病名診断と呼ばれることもあり、たとえば「風邪なら葛根湯」「花粉症なら小青龍湯」「ダイエットなら防風通聖散」みたいな感じ。「○○なら△△」みたいな感じでお薬を出すことが多いです。このメリットは「覚えやすい」という事。一般の人でも漢方に詳しくない人でも、「○○って病気だから△△って薬を飲めばいいのね」ってな具合で分かりやすいですよね。 でもでもでもでも…、ここで一つ疑問が生まれてきませんか?それは「人によって体質は違いますよね」ってこと たとえば風邪を引いたと言っても・スゴイ体力のある男性で発熱が強く、暑がって洋服を脱ぎたがり、顔も真っ赤になっている(→熱症が強い)・80歳くらいの体力の落ちたおばあさんで、ぶるぶると寒気を感じ、洋服を何枚着ても悪寒がする(→寒症が強い)というように体質も症状も違うことありますよね? でも、病院に行くと何故かひとくくりに「風邪」って言われちゃうわけ。これおかしくないですか?んで、「風邪だから葛根湯のんでください」ってなるわけ。えっ?症状違うのに同じ??? このように病名からお薬を選ぶと言う方法は正しいお薬の選択ができないばかりではなく、副作用の発症にもつながるデメリットがあります。 その点、中医学は中国の伝統医学を元にした方法で、弁証論治と呼ばれる方法でお客様の体質や病態を判断していく方法になります。たとえば風邪を引いたとしても「いつから?」「今の症状は?」「体質は?」「その他の悩み事は?」など多岐にわたってお客様に質問します。ゆえにお一人当たりにかかる時間が長くなること&深い知識と経験が必要になってきます。 そのため、当店のように中医学のお店は「1時間に1組の完全予約制」となっているわけです。 病院で「1時間に1組しかとらないよ」なんていったら、診察が回らないですもんね、だから病院には同情しちゃうんです 決して病院の漢方診察がダメ、というわけではありませんが、より体調や状況に応じた処方の選択という意味では中医学のお店、特に「国際中医師(国際中医専門員)」のいる店舗で相談された方がよろしいと思います。 皆様の健康生活の参考になれば幸いです。  天明堂薬局は1時間に1組の完全予約制漢方相談店です。中医学にご興味のある方はぜひHPもご覧になってください。http://www.tenmeido.jp/
またツイッターも始めました!「天明堂 中山」で検索してぜひフォローお願いしますLINE@もやってます、ぜひ下記URLの読み込みをお願いいたします。          

健康生活フェチが泣いて喜ぶ画像10個

私が個人的に「乳酸菌の師匠」と思っていた飯山一郎 さんが 7/20 、心不全で亡くなりました。 ●飯山一郎 氏 12018.7.20. 逝去  享年72https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E 【死亡関連記事】 http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9090.html 311以降、マスゴミが流さない さまざまな 放射能関連情報を探しまくっていて、出会ったのが 飯山一郎 さんでした。  当時、彼の唱える「乳酸菌健康法」は、マスコミや医療関係の方々から激しいバッシングを受けていましたから、逆に興味が湧きました(笑)。 講演会に行って実際にお会いしてみると、とってもオチャメでエネルギッシュなオジ(イ)サンで、驚いた記憶があります。 私が最初に注目した彼の記事は、下記の記事でした。( テキスト コピー )-------------------------------------------------------------飯山一郎 ブログより・・・・・・↓
◆2012/04/12(木) 
この一年、鷲が健康上もっとも用心したことは 心筋梗塞だ。
「老人は放射能の影響を受けにくい」と言う学者がいるが、大間違い。
老人は、免疫力(マクロファージの数)が劣っているし、心臓の冠動脈
が詰まりやすい。
この冠動脈が詰まると心筋梗塞になり、処置が遅れると死ぬ。
実際、福島原発事故後、現職の市長の急死が相次いでいる。
過去10ヶ月間に市長6人及び、副市長1人が急死、加えて市長2人が
心不全、膀胱がんによる病気療養を理由に公務を離脱している。
福島伊達市の仁志田市長も先月、急性の心筋梗塞で県立福島医大
に救急搬送されている。
1年間に現職の市長6人が急死。 こんなことは過去にはない!

この心筋梗塞の原因について、マスコミは震災による精神的なショック
やストレスなどと報じているが、ウソである。

心筋梗塞の原因は、放射能 である!

ただし、心筋細胞にセシウムが蓄積されて心筋梗塞になる…。こんな
生やさしい機序ではない。

いったい放射性物質がどんな機序で心筋梗塞を発症させるのか?
「知らない識者?」が多すぎるので、書いておきたい。

さて…、
血液が運ぶ栄養分と酸素。この三分の一は、実は心臓で消費される。
つまり心臓には大変な量の血液が流れこんでくる。
問題は、心臓の血管(冠動脈)は細いので詰まりやすいことだ。

311以降、日本人の血流に大変なことがおこった。
血液が、栄養と酸素のほかに放射性物質も運ぶことになったのだ。
この放射性物質が放射線を発射しながら血管のなかを流れる。
この放射線が、心臓の血管細胞の細胞膜を猛烈に破壊する。
すると、細胞の中からアテロームという粥状の脂肪が浸出する。
このアテロームが心筋梗塞の原因。
じつに簡単な機序なのだが、「知らない識者?」が多すぎたよーだ。
-------------------------------------------------------------
まさか、ご本人が その 心臓発作によって逝かれるとは・・(TT)。 飯山さんの発言には、個人的にはなかなか同意できない部分も多いです(笑)が・・ しかし、彼が発明した「グルンパエンジン」により培養された「乳酸菌液」は多くの方の健康に役立っていると確信していますし、現在の私の健康は、彼から学んだ「乳酸菌」の知識によって支えられてる と言っても過言ではありません。 その証拠に、このブログのテーマ 「私の健康生活」ジャンル のうちの、ほぼ半分が 乳酸菌関連の記事 となっています。 ( 今日の記事のジャンルも同じテーマとしてUPしようかな? ) 今回はその一部をリブログします。気が向いた方は、その他の記事も どうぞご覧になってみて下さいませ。
 彼の一部の言動をもって、彼のすべてを否定する人たちがいますが、100%すべて正しいことを言うひとなど、この世に存在しませんし、非難や憎しみからは、何も生まれません。 本当に多くのことを学ばせて頂きました。心より感謝し、ご冥福をお祈りいたします。 合掌。 

関連記事
  • 健康生活 シンプルをあなたに

    健康生活大応援サイト♪みなさんこんにちは。台風、、、、凄かったですね。風の音が凄くて、眠れず起きてました。おおのです。何だか「平成最後の夏」は、予想外な事ばかり ...

    2018/10/11

    健康生活

  • 第壱話 健康生活、襲来

    健康生活で差をつけろ夏は旅行もそうだけど、地元でもあちこち出歩いています♪去年は私が出張三昧、そして終わったと同時に出産&産後・・・なので今年の夏休み、ゆっくり ...

    2018/10/11

    健康生活