給料が上がらないならもう健康生活しかない

健康生活
Pocket

健康生活 スペース・テクノロジー

<現在の「避難計画」⇒具体性にあまりに乏しく“絵に描いた餅”> 【原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)】<前半・院内集会>
〔あれから7年~生活・健康・避難・技術から福島原発事故を再考する〕
(2018年3月8日)<後半・政府交渉>     ~参考~
〔「最悪のシナリオ」/邦画【太陽の蓋(2016)】より〕〔「最悪のシナリオ」/邦画【太陽の蓋(2016)】より〕       ~参考~
〔「福島原発事故による健康や生活への影響」検証
~第2回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕 ~1F事故の(新潟県独自の)再検証~①事故原因②健康と生活への影響・・・特に「低線量被曝リスク」について③安全な避難方法~参考~   〔避難の影響 被ばくに加えて検討~新潟県の原発検証 健康分科会〕
(2018年2月6日 新潟日報モア)
新潟県が東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題を巡る検証のために設けた「健康・生活委員会」の健康分科会が2018年2月5日、新潟県庁で会合を開いた。*事故の影響について、放射性物質だけでなく、精神面や避難に伴う生活習慣病などに関しても検討する方向で一致した。具体的な議論の範囲は、米山隆一知事の意見を聞き、生活分科会などと調整するとした。健康分科会は放射線医学や疫学の専門家ら5人でつくり、会合は2017年9月の発足以来2回目。東電福島第1原発事故での福島県のデータなどを集め、柏崎刈羽原発で事故が起きた場合の健康への影響を評価する。会合で、獨協医科大准教授の木村真三委員=放射線衛生学=は「放射線による被ばくだけでなく、さまざまな影響を包括的に考えなければならない」と切り出し、精神面や避難による生活習慣の変化の影響も調べる必要があると指摘。別の委員も、事故の影響は「複合的な問題だ」と同調した。被ばくについては、1986年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故のデータも集めるほか、各委員が携わったり、独自に収集したりした研究データも持ち寄ることにした。福島事故と甲状腺がんの因果関係を調べる福島県の検査に関しては「事故が起きたことで、検査を受けなければならなくなった住民の負担も意識するべきだ」との意見があった。終了後、座長の鈴木宏・新潟青陵大副学長=疫学・公衆衛生学=は「放射線だけを議論していると事故全体を見ていないことになる。生活分科会と合同で会合を開くなど、議論が深まるようにしたい」と述べた。 【OurPlanetTV】〔第2回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕(2018年2月5日) <委員長・鈴木宏氏(新潟青陵大学・副学長/疫学・公衆衛生学)インタビュー>     ~参考[第1回]~  【OurPlanetTV】
<米山・新潟県知事の挨拶&「健康・生活委員会」>
〔第1回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕
(2017年9月11日)  【OurPlanetTV】
<「健康分科会」>
〔第1回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕
(2017年9月11日)  【OurPlanetTV】
<委員長・鈴木宏氏
(新潟青陵大学・副学長/疫学・公衆衛生学)インタビュー>
〔第1回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕
(2017年9月11日)   【OurPlanetTV】
<「健康分科会」委員・木村真三氏
(獨協医科大学・准教授/放射線衛生学)インタビュー>
〔第1回 新潟県「健康生活検証委員会」健康分科会〕
(2017年9月11日)https://www.youtube.com/watch?time_continue=24&v=vvXslvwIuBU  【OurPlanetTV】
〔福島の甲状腺がん解明へ〜新潟県「健康分科会」検討開始〕
(2017年9月12日)「東京電力福島第一原子力発電所事故の徹底的な検証がなされない限り、柏崎刈羽原発の再稼働はない」
新潟県の米山知事が選挙公約に掲げていた福島第一原発事故を検証する3つの検証委員会がいよいよスタートした。福島原発事故からちょうど6年6ヶ月目にあたる2017年9月11日に初会合が開かれたのは、米山知事のカラーが最も強いとされる「健康・生活委員会」。米山知事は冒頭で「(福島事故について)きちんとした総括をここでしないでいつするのか。」と発言。3〜4年かけて、福島原発事故に関する徹底検証を行い、出された検証結果は、福島県をはじめ、原発立地県、全国、世界で共有したいと強調した。2017年9月11日開かれた「健康・生活委員会」は、米山知事が公約に掲げた福島第一原発事故の「事故原因の検証」と「避難方法の検証」に並ぶ3検証委員会のひとつで、福島原発事故による健康や生活への影響を検証する。委員長には新潟青陵大学副学長で、感染症などの公衆衛生を専門とする鈴木宏教授、副委員長には、新潟大学副学長で、被災者コミュニティなどを研究している松井克浩教授が就任した。 
健康分科会では「県民健康調査」を検証
この日は、「健康・生活委員会」で委員会の趣旨を説明した後、「健康分科会」と「生活分科会」の2つの分科会に分かれ、議論の進め方について意見交換を行った。放射線被曝による健康影響を検証する「健康分科会」では、福島県が行っている県民健康調査の検証に加え、文献調査を実施するかどうか。また検証範囲をどこまで広げるかなどをめぐり、委員の間で活発な議論が交わされた。福島県民健康調査をめぐっては、注目を集めている甲状腺がんに関する評価も行うこととしており、委員のひとり、木村真三・獨協大学准教授は会議後のインタビューで、福島県医大が公表していない「経過観察中」のデータや手術症例なども開示を求めていく考えを示した。 

うわさの健康生活情報が満載♪

 ⬛︎【糖質オフの餃子皮!】 餃界初!? 低糖質の「餃子皮」を発売しますー! 糖質40%オフ、食物繊維豊富な餃子の皮で健康生活をー! 7月23日より発売で餃子います! 栄養バランス食の餃子が、低糖質の皮で更に最強の料理にー。 脂肪分の少ない鶏ミンチを使用した餃子や、油を使用しない水餃子などなど、皆さんの低糖質餃子レシピも教えてくださーい('ω’)ノ 今日も頑張ります! 感謝・・・。ありがとう餃子いますm(_ _)m ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいいね!してね→ https://www.facebook.com/tsukurutanoshimitaberutanoshimi/井辻食産HP→ http://www.itsuji.co.jp/通信販売は→ https://gyozayaryu.com/ instagramは→ https://www.instagram.com/ryusuke.itsuji/ twitterは→  tensaikun0218ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事
  • 健康生活 シンプルをあなたに

    健康生活大応援サイト♪みなさんこんにちは。台風、、、、凄かったですね。風の音が凄くて、眠れず起きてました。おおのです。何だか「平成最後の夏」は、予想外な事ばかり ...

    2018/10/11

    健康生活

  • 第壱話 健康生活、襲来

    健康生活で差をつけろ夏は旅行もそうだけど、地元でもあちこち出歩いています♪去年は私が出張三昧、そして終わったと同時に出産&産後・・・なので今年の夏休み、ゆっくり ...

    2018/10/11

    健康生活